« 訃報 | トップページ | 怪我と故障 »

2013年1月12日 (土)

王様の耳はロバの耳、

 商売に身が入らない・・なんてことを言うと、いつものことじゃないかと反撃を食らいそうだけど、このところ本当に、商売への気分が浮ついてるような気がする。

 一体どっからこの気分が来るのだろうかとよく考えてみて、やはりフクイチの事故からその後のことのようで、純粋に原発事故の影響と言うだけでなく、それが引き起こした社会環境や政治状況も含まれている。

 フクイチの事故は、これまでおぼろげながらにもわかってはいたけれども、まさかこれほどまでとはと愕然とするほどに、日本社会の脆弱さ、閉塞感、幼稚さ未熟さ、もうどう表現していいかわからないけど、とんでもないデタラメさを露呈してくれた。原発事故そのものの惨状は取り返しのつかない酷いものではあったけど、日本社会がもっと成熟していて賢明さを持っていたなら、それでも乗り越えていけるかもという期待は出来たんだろうけど、現状を見ている限りでは、どこに希望を持っていいのやらというのが正直な感想だ。

 この国は遠からず滅びると思う。おそらく滅びた方がいいんだろうと思う。

 人類はこれまで文明文化の名の下に、自然環境を破壊して、生態系をめちゃくちゃにし続けてきた。人類の繁栄は、すのまま生命環境の改変であり、自らの立地基盤すら破壊し続けるという愚かな行為と表裏一体だったわけだ。そして核というのはその破壊の中でも極めつけに修復不可能なソースだったわけで、いわばあけてはならないパンドラの箱をとうとう開けてしまったということなのだろう。

 言わずもがな今人類に求められているのは、あけてはいけなかった箱は閉めること。それ以外に何があるというのだろう。人類に賢明さが残っているとすれば、それ以外の選択肢をとれようはずがない。

 しかし愚かな為政者達、財力をもった企業主達は、己の欲望の虜になって、これほどの自明の理を認めることが出来ない。そしてさらに愚かな民衆は市民は国民は、これらの為政者の意に背くことを恐れ、従順になり、学習することも研究することも放棄して、言われるがままにパンドラの箱の中に身を沈める。まるでそこが楽園であるかのように錯覚して。

王様の耳はロバの耳、

放射能、みんなで吸えば怖くない。 こんな日本に将来がありますか?

« 訃報 | トップページ | 怪我と故障 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事